ストレスの緩和 子育て情報

ストレスの緩和⑨子どもたちの今

ストレスの緩和⑨子どもたちの今

子どもたちを支えるママパパたちはがんばっていると思います。

それでも、多くの声は

「子どもといるとイライラする」
「毎日3回ごはんの用意が大変でストレス」
「子どもにつらくあたる自分に自己嫌悪」

というものです。

今、大きく心配されている子どもたちの状況は、DV・虐待ですが、

*給食の中止で栄養がとれていない
*大人の疲弊によるストレスが子どもに伝わっている
*子どもたちが状況を説明されないために、不安になる

などもあげられています。

「病弱教育」のプロであり、教員として25年を過ごされた副島賢和
先生のお話がとても気になりました。学校心理士スーパーバイザーもなさっています。

 「僕は普段、病気の子どもたちにかかわっています。
彼らにとって大変なことは、

  1. 学習空白ができること、
  2. 体験が乏しくなること、そして、
  3. 人とのかかわりが希薄になることです。

こうなると、「自尊感情」が下がっていきます。

 今回の新型コロナウイルスよる休校で、子どもたちに出てくる不利益は、それにとてもよく似ている。

『病弱教育』という考え方を活かせるところがあると思っています」

(世界的な経済誌Forbesの日本版ForbesJapanの太田美由紀さんの記事より抜粋)

このような側面を知り、ケアしたり注意して生活するのは、とても大切なことだと思います。

同時に、ママのチカラだけでは負担が大きすぎるとも思います。

家族で話し合ったり、協力し合い、支えあいましょう。

そして、つらいときは早めにヘルプと声をだしましょう。
そして、よくやっている、と自分をほめてください。

ママがパパが笑顔を取り戻すと、子どもたちも笑顔になります。

そして今日の最後に、ハープのおススメの曲をご紹介
ハンプティダンプティの曲としても知られている
Off She Goes
後半がさらに美しい

玉川上水駅からすぐ、遊歩道が続いています。キモチのいい風が吹いて川のせせらぎが耳にキモチいい…

elsoleil888

アイリッシュハープ奏者、音育アドバイザー、子ども環境アドバイザー、エル・ソレイユ主宰、ファミリアkidslabo講師

おすすめ

PAGE TOP