おとの記憶は宝もの

音の記憶はありますか?といっても記憶の中にうもれてしまっていることも多いので、わからないという方が多いかもしれません。
でもふとした時に耳にした音、音楽が、ココロに届く、ほっこりする、不思議な安らぎを感じる、などありませんか。

そんな時、音の記憶がよみがえったりして記憶の扉をあけてくれることもあります。ああ、そういえばよくお母さんが歌っていた曲だ、とか…おばあちゃんに教えてもらったお気に入りの曲だったとか…

ちいさな時にお気に入りだった木のおもちゃ、思春期に威力を発揮することもあると、おもちゃのコンサルタントマスター横尾さんにも聞いたことがあります。
お子さんが、何かあったでしょう、という緊張した顔をして帰ってきてしばらく部屋にこもってしまった、のぞいて見るとひたすら、お気にいりだった木のおもちゃのボールを転がして聴いている…しばらくしたらスッキリした顔をして部屋からでてきて。
メーカーの方もそんなお話し他にもされていたそう。やっぱり、音の記憶は宝もの♪