おとのチカラで育てる…実践してみてください!

聞く力コミュニケーション力です。先生のお話が聞ける、お友達の家族の話がしっかり聞けること、それがコミュニケーションの基礎です。なんとなく聞く、はできても、しっかりと聞いて受け止め、言葉を返す、それが重要なのです。

また、耳が発達するのは7,8才くらいまでと言われ、ストレスから脳を守るのも耳の役割です。

デジタルバーチャルが増え、日本では自然な音を楽しむ場所も以前より少なくなり、静かな環境、静寂も子どもたちのまわりに少なくなってきています。

静寂が子どもたちの成長にとても大切だということは、シュタイナー・モンテッソーリ教育でもとても大切にしていることからわかります。

耳を傾ける、耳を澄ます、子どもたちの大切な機会を私たち大人も気付かないうちに奪ってしまってはいないでしょうか。

そして、『聞いて』『お耳すましてごらん』などの言葉かけはとても大切で、継続することによって聞く力を伸ばします。

2019年5月から、
オリジナルの子育てCALENDARを使った、音のワーク&ハープの音楽で新しいスタイルのotoikuのイベントも始めています。

詳細はイベントPageの『おと・いろ・もりのチカラde子育て』企画のフライヤーをご覧ください。

 

 

OtoikuBook

OTOIKUBOOKは、『音のチカラで育てる』
ヒントをわかりやすく、イラストを交えて
書いています。
イベント時にプレゼントとして、レクチャー資料としてお渡ししていることもあります。

ご希望の方は、イベント参加時や郵送でのお届けもできますので、下記よりお問合せください。

A5サイズ10ページ1冊300円