ゲゲゲの町の助産師会さんとの共催で…ちいさなハープの音色で癒される、お産の振り返り会

ちいさなハープの産後ケア、10月26日にゲゲゲの町の助産師会さんと
共催で始まります!頼もしい助産師さんとハープのしあわせ時間♪♪♪

以下の内容はゲゲゲの町の助産師会ブログから転載しています^^
http://gegegemw.blog.so-net.ne.jp/

マザリーズ助産院のHPでもご紹介していただいています。
http://www.motherese.jp/?p=970

ちいさなハープの音色で癒される、お産の振り返り会
~お産をがんばったママへのごほうび時間!~

「バーストラウマ」は実は赤ちゃんだけでなくママにもあります。
ちいさなハープは、産後の疲れたママの自律神経を整え、心を和らげる楽器です。
「お産をがんばったママへのごほうび時間」を、癒しの音色と共にすごしてみませんか?

あの、まるで嵐が自分の体の中を駆け巡ったかのようなお産を振り返ってみましょう。
目の前にいる赤ちゃんは一緒に頑張った戦友です。あのときのことを思い出しながら、
産後、これまで無我夢中で育児に没頭してきたご自分と、そして無事にママとパパの元へ
やってきてくれた宝物ちゃんに、とっておきの「ありがとう」を伝える時間です。

ハープを実際に触って奏でることも可能です。
さらに、セカンド抱っこ紐として重宝する、兵児帯抱っこ(さらし抱っこ)の仕方も
助産師がお教えします。

★日時 10月26日(水)13時15分受付 13時半~15時
★場所 調布市文化会館たづくり 11階 1101号室(和室)
★参加費 2500円(音育ブック付き) ★持ち物 ママの飲み物
ねんねの赤ちゃんの場合バスタオルなど
★定員 7~8組(最小3組)
★主催 エル・ソレイユ ★共催 ゲゲゲの町の助産師会
★ 申し込み・お問合せ info@elsoleil.com (梶)  090-3535-9227(棚木)
★奏者  梶 伸子 エル・ソレイユ主宰 音育アドバイザー アイリッシュハープ奏者
子ども環境アドバイザー 元ヤマハ音楽教室講師

rogo_2

産後のママのサポート(産後ケア)

この夏から秋にかけてスタート!産後のママのサポートを本格的にはじめます。

今の産後の現状は、産んでからの方が不安や体に堪えることもいっぱい、
というお話をよく聞きます。パパもわからないことが多いのでどの程度
サポートしてあげられるか…悩んでいる方もいます。

そんな中、世田谷区にはさんさんサポートのように、産前から1歳になるまで
「子育て支援ヘルパー」がお手伝いする制度があります。
産後ケアセンターも増えています。
他にも、産後間もない母親に寄り添い、子育てが軌道に乗るまでの期間、
日常生活のサポートをする産前産後ケアの専門家を頼むという産後ドゥーラ
という形もあります。

私も産後に、我が子がかわいくて仕方がないのに、2時間おきの授乳がずっと
続くのではという不安と絶望を感じた時がありました。

不安やカラダの痛み(不調)は、緩和することができるのです。
ハープセラピーという形でアメリカでは知られています。
古代から音楽はカラダやココロに効くと言われていました。音楽療法でも
悲しみの時は悲しみからという音楽の対症療法があります。

音楽の力

音楽による緩和ケア

は大学の研究でも様々な成果をだし、データもでてきています。

harp_ 2

特に自然な優しい響きのちいさなハープ(アイリッシュハープ)イヴの音色は
妊婦さんママたちに人気です。さらに、ゆったりした音楽は自律神経を整える
ということがわかっています。落ち着く、やさしいキモチになる、頭がすっきり
する、などのママたちからの多くの声もいただいています。

そして、お茶を飲みながらのお産のふりかえり、ママたちでお話しすると、共感
できることがたくさんあって、ほっとするママが多いのです。
私の10年間の助産院や産婦人科でのプレママ講座や胎教講座での経験やドクター
助産師さんからのお産にまつわるお話も、ママたちにシェアして…
ゆったりまったりしあわせ時間をご一緒します。
スケジュールが決まったらまたブログにアップいたします^^

アクアバースハウスのバースクラス

baby5  世田谷区桜丘にあるアクアバースハウスのバースクラスで、
ちいさなハープのしあわせ時間をお届けしてきました。
世田谷区のさんさんサポート

産前から1歳になるまで「子育て支援ヘルパー」がお手伝い、という制度もご紹介

バースクラスはパパの参加がとっても多くて、驚きました。妊婦さんにとっては
パパが参加してくれることはとても心強いですね。

山村先生のお産のお話を、ご夫婦で真剣に聞いている様子が、とても微笑ましく
うれしくなりました。

ハープは、お話の合間、休憩時間にお届け。

ケルトの民謡は、ココロにやさしく届きます。
子守歌はお腹のベビーにキモチを向ける、生まれてからを想像する…

「聞ける子に育てる」というotoikuのお話も少しさせていただきました。

皆さんの表情が少しゆるんで、楽しんでくださった後は、ハープを触って…
その時の妊婦さんとパパたちのステキなステキな笑顔は忘れられません。

ハープはココロを和らげる楽器ですが、奏でると皆さん「キモチいい」
と言ってくださいます。

次はかわいいベビーと一緒、の時にまたお会いしたいです♪♪♪
皆さまの安産を心から祈っています。

後半のバースダンス、楽しそうでした!!!

IMG_1053