ストレスの緩和㉗コミュニケーション

在宅ワークが1ヶ月前に比べて2.6倍にふえているそうです。
そしてここにきてちょっと問題が浮上してきていると。

 

*環境の変化によるカラダの不調
*仕事が思うように進まないストレス
*面と向かってのコミュケーションができないことの不安

他にも、在宅ワークをやっていて久しぶりに出社してみんなと
会って仕事したら、在宅の何倍も楽しい、効率があがることがあらためて分かったという記事もありました。

オンラインでのやりとりは、
人と人との繋がりが希薄になる、
仕事の集中ができない、

などがあげられて日本では進んでいなかった
ようですし、

「日本では…」
「…だから難しい」

という考え方が強くあると、進まないことではあるのだと思います。

私もレッスンをリモートでできないかということは、いろいろ考えましたが

「今だけ」「したい人だけ」にしたほうがいいと考えている自分がいて、常識や思い込みを打破出来ていない、と気づかされます。

ただ、音楽は、レッスンは、本音を言えばその場で発生することも多く
とても貴重で、生徒さんとの音や言葉のやりとりから生まれる、いい瞬間いいもの、があるのでそれはまた大切にしたいところです。

新しい仕事の形として何らかの形では、取り入れようと考えています。

 

ほどよく、中道で、

 

*人と人の繋がり、
*在宅(オンライン)、

 

両方をうまくとりいれて。

教育も大きく、この方向性で変わっていくことを願っています。

体調があまりよくなくても、学びに参加できる、
みんなのやりとりを第3者的に眺めていられる、

新しいこと、未来、たのしい夢を思い描いて。

 

そして今日の最後に、ハープのおススメの曲をご紹介
ケルトの美しい子守歌
The Gartan Mother’s Lullaby
ゆれるように

 

 

 

 

英語の本も大阪弁で訳すと
なかなかよかったりする

いろんな人がいる
それぞれいろんなことを考える